診療受付時間

8:00〜11:30(平日)※新患受付は10:30まで

休診日

土・日・祝日創立記念日(2023年度は6月16日(金))
年末年始(12月29日〜1月3日)

面会時間

14:00~18:00(平日・土・日・祝日)

救命救急センターのご案内

ご来院される前に必ずお電話ください。

045-782-2101

患者出入口利用時間

※敷地内全面禁煙

病院からのお願い

リハビリテーション科

  • 診療部門のご紹介
  • 医師紹介

お知らせ掲示板

現在はありません。

概要

当院のリハビリテーション科では、急性期のリハビリテーション診療を中心に行っています。疾病などによる救急入院や手術などの治療中は身体機能の低下(歩けなくなる)や体力低下、高次脳機能障害(集中したり言葉が離せなくなるなど)、嚥下機能低下(ご飯がむせる、食べられなくなる)など、生活能力の低下が生じやすく、高齢者では特にその傾向にあります。これらの予防や回復を目的に、専門の療法士が行う治療が急性期のリハビリテーション治療です。入院や治療中、早期からのリハビリテーションが重要となっています。

当院では脳卒中、肺炎で入院すると早くて入院当日から、予防や状態管理を含めたリハビリテーションを開始しています。整形外科では術後翌日から治療を開始しています。また重症患者さんのリハビリテーションにも重点を置き、早期リハビリテーションについて積極的に取り組んでいます。
2018年より心臓リハビリテーションを開始、ICU・CCUおよびHCUでの早期リハビリテーションにも力を入れております。

特色

リハビリテーション治療は主に3つの専門に分かれています。

 

理学療法

出来るだけ早期にベッドから離れて歩きだすこと、合併症予防、起きたり動くなどの身体機能回復を目指し治療を行っています。当院では整形外科疾患は特に症例数が多く、脊椎疾患、関節疾患、スポーツ疾患に対応し、質と密度の高い治療を心がけています。また、地域連携を提携している施設、病院などから理学療法士の研修も受け入れています。

 

作業療法

病棟での食事動作やADL動作(顔を洗う、お風呂に入る、トイレに行くなど)の指導など、生活場面に即したリハビリテーションを行っています。関節リウマチの手指変形に対するスプリント療法も行っています。

 

言語聴覚療法

食べ物がむせる、飲み込めなくなるなどの嚥下障害に対し、検査や訓練を行います。失語症(言葉が話せなくなる病気)などへは言語訓練を行います。口腔ケア摂食嚥下サポートチームと共同して嚥下造影検査(VF)、嚥下内視鏡検査(VE)も行っています。

取得施設基準

心大血管疾患リハビリテーション料Ⅰ、脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅰ、廃用症候群リハビリテーション料Ⅰ、運動器リハビリテーション料Ⅰ、呼吸器リハビリテーション料Ⅰ、がん患者リハビリテーション料、特定集中治療室管理料早期離床・リハビリテーション加算


 

氏名 關野 長昭
役職

部長

専門

一般麻酔科、救急、集中治療

医師資格

日本麻酔科学会麻酔指導医・専門医
日本救急医学会救急科専門医
日本集中治療学会集中治療専門医
日本医師会健康スポーツ医
日本体育協会公認スポーツドクター
臨床研修指導医養成講習会修了
臨床研修プログラム責任者講習会修了
感染制御医師(ICD)
日本DMAT研修終了
AHA BLS/ACLSインストラクター
緩和ケア指導者研修会修了
平成23年度医療事故紛争対応人材養成講座(東京コース、40時間)受講済み
統括DMAT
DMATインストラクター
MCLSインストラクター
DMATロジステックチーム
産業医
面接指導実施医師(受講済)

所属学会

日本麻酔科学会
日本集中治療医学会
日本救急医学会
日本呼吸療法医学
日本緩和医療学会
日本災害医学会
日本リハビリテーション医学会