診療受付時間

8:00〜11:30(平日)※新患受付は10:30まで

休診日

土・日・祝日創立記念日(2023年度は6月16日(金))
年末年始(12月29日〜1月3日)

面会時間

14:00~18:00(平日・土・日・祝日)

救命救急センターのご案内

ご来院される前に必ずお電話ください。

045-782-2101

患者出入口利用時間

※敷地内全面禁煙

病院からのお願い

透析センター

お知らせ掲示板

はじめて受診される際は、紹介状が必要です。

概要

透析センターは、一般透析ベッド19床+隔離(主に空気感染患者やMRSA疾患患者)用透析ベッド1床を有しています。
医師、看護師、臨床工学技士、栄養士のチーム医療により安全対策、感染対策、透析液の清浄化、患者指導に努め、質の高い透析医療の実践を目指しております。
透析導入だけでなく、心臓血管外科や循環器、整形外科など他科で入院治療が必要な場合の維持透析や、急性腎不全・慢性腎不全の急性増悪・心不全・高カリウム血症などの緊急透析や、血液吸着・血漿交換等のあらゆる血液浄化療法に対応し、ICU・CCU管理のもと透析が必要な場合でも、いつでも対応できるよう体制を整えています。2010年からは自家末梢血幹細胞採取が開始となり、新たな分野への治療参画もしています。


腎不全治療において、どの腎代替療法を選択するかという事は今後の人生に大きく影響を与えます。当院では療法選択外来を実施し、末期腎不全の患者さまとそのご家族さまに対して、医師と看護師より腎代替療法について情報提供を行っています。その情報を基に相談して頂き、自己の価値観やライフスタイルに照らし合わせ、十分納得した上で治療法を自ら選択、意思決定できるよう支援しています。慢性腎不全の急性増悪のため緊急透析が必要となるケースもありますが、計画的な透析導入となるようスタッフ一同取り組んでいます。


当センターでは血液透析、腹膜透析を導入する際、病棟と連携し取り組んでいます。血液透析を導入された患者さまは、ご自宅や勤務先の近くのクリニックを紹介しています。腹膜透析を導入された患者さまは、当センターにある専用の診察室で検査、診察を実施しています。

当センターで取り扱う治療内容

血液透析(HD)、腹膜透析(PD)、持続的血液透析濾過法(CHDF)、オンライン血液透析濾過(On.Line.HDF)、血液濾過(HF)、血漿交換(PE)、血漿吸着(PP)、二重濾過血漿分画交換(DFPP)、免疫吸着(PA)、LDL吸着、血液吸着(DHP)、白血球除去療法(LCAP)、顆粒球除去療法(GCAP)、腹膜濾過濃縮還元再静注法(CART)、自家末梢血幹細胞採取(PBSCH)等

血液透析時間

 
午前
午後 × × ×

・開始時間 *午前:9時~  午後:15時~

旅行透析

当院では旅行透析は取り扱っておりません。